松坂桃李と一緒にオンラインゲームで遊べる!?【FF14】ラジオでフレンドを募集

松坂桃李と一緒にオンラインゲームで遊べる!?【FF14】ラジオでフレンドを募集
スポンサーリンク

松坂桃李さんが菅田将暉さんのラジオで『FF14』のフレンドを募集

4月20日25~27時(21日1~3時)、ニッポン放送ラジオ「菅田将暉のオールナイトニッポン」に松坂桃李が電話でゲスト出演。今年3月に開催された第43回日本アカデミー賞授賞式の裏話や松坂が最近ハマっているゲーム、ファイナルファンタジー(FF)についての話で盛り上がった。

中略

自粛期間中の過ごし方の話になると松坂は「こないだまでは、FF9をやっていた」とのこと。「7のリメイク版が最近発売されたのは知っている。ということは9の方が古いんですよね?なんで今FF9 (をやるのか)?」と菅田からツッコみが。「いやいや、FF9めっちゃ面白いから!9は中学生の時にやっていて、それが今PS4でもできるんですよ。久しぶりにやろうかなと思ってやったら、めちゃくちゃいい作品だな」とひとしきり9の魅了を語った上で「7 のリメイクはやらない、まだ」ときっぱり。

さらに今は9は終わり、14に移行しているとのことで「一昨日くらいから初めてやっているんだけど、これオンラインゲームなのよ。操作性とかさ、やることが多すぎて難しい…」と苦戦中の模様。続けて「だからさ…誰か、ちょっとフレンドになってほしいんだよ」とまさかのお願い。

「リスナー聞いている人いたら、よろしくお願いします。俺“ギンサン”って名前でやってるからさ」とプレイヤー名を暴露。これには菅田も「オンライン名いうなよ(笑)!大丈夫それ?」とツッコみ。菅田の心配をよそに「大丈夫だよ」と飄々とした様子で「ローマ字で“ginsan”」としっかり綴りも伝え、去っていった。

https://news.livedoor.com/article/detail/18151017/

最近FF9をクリアした松坂桃李さんがFF14(ファイナルファンタジーXIV)のプレイを始めたとのこと。

なんとラジオで電話ゲスト出演の際に、プレイヤー名「ローマ字で“ginsan”」を伝えフレンドの募集のお願いをしました。

FF14(ファイナルファンタジーXIV)とは

FF14とは、ファイナルファンタジーのナンバリング14作目にあたるオンラインゲームです。2013年に新生FF14として新たにサービスを開始しています。

ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア ローンチトレーラー

同名のキャラクターが大量出現

すでに同名の“ginsan”のキャラクターが多数作れている模様です。
どのキャラクターが本物の松坂桃李さんのものなのか分からなくなっています。

松坂桃李さんと一緒に遊ぶには

FF14はレベル35まで無期限でずっと遊べるフリートライアル(一部機能制限あり)がありますので、興味をもった方は始めてみると良いでしょう。

FF14はPS4、WindowsPC、Macでプレイ可能です。

製品版を購入する場合

FF14を始めよう!という方には
とりあえず最初だけでもという方のためにお手頃なスターターパックがあります。

スターターパックではレベル50までの新生エオルゼアのコンテンツを遊ぶことができます。

PS4

PC

最新コンテンツまで遊びたい!という方はコンプリートパックを購入すれば、2020年4月現在ですと漆黒のヴィランズまでのすべての要素を遊ぶことができます。おそらく2021年に次の拡張ディスクが出ると言われていますので、その時は新しい拡張ディスクを購入しましょう。

PS4

PC

スターターパックを購入した方で、続きも遊びたい!となった場合は、最新の拡張ディスクだけを購入すれば大丈夫です。

2020年4月現在、FF14では蒼天のイシュガルド、紅蓮のリベレーター、漆黒のヴィランズという3つの拡張ディスクが出ていますが、スターターパックと漆黒のヴィランズを購入すればすべての要素を遊ぶことができます。
2021年に出ると言われている新しい拡張ディスクが出た場合は、スターターパックとその最新の拡張ディスクを購入しましょう。
すでに漆黒のヴィランズを購入、またはコンプリートパック(漆黒のヴィランズまでのもの)を購入している場合は、最新の拡張ディスクが出た場合、その最新のコンテンツを遊ぶには最新の拡張ディスクを買う必要があります。

ジョブ選び

どのジョブで始めるのかの参考動画

FINAL FANTASY XIV: SHADOWBRINGERS – Job Actions

スタート時には選べないジョブも含まれています。冒険を進めることでジョブチェンジが可能になります。

初心者向け動画

【FF14】これから始めるFF14入門編 2019

FF14をプレイしない人、してない人でも超おすすめのFF14の映画

FF14のプレイブログが話題となり、書籍化、TVドラマ、映画になった話題作『光のお父さん』

第23回ファンタジア国際映画祭にて観客賞を受賞

■ストーリー
「この人が死んだ時、僕は泣いたりするんだろうか」――父親の背中を見ながら、心の中で呟くアキオ(坂口健太郎)。
広告代理店に勤めるアキオは、ずっと単身赴任中たっだ父の暁(吉田鋼太郎)のことを何も知らない。
そもそもアキオが子供の頃から、典型的な仕事人間の父はいつも出張ばかりだった。たまに家にいる時も、ムスッと押し黙ってテレビを睨んでいる。
そんな父が、突然会社を辞めて、家へ戻って来た。何があったのか一切語らない父に、母の由起子(財前直見)も妹の美樹(山本舞香)も困惑するばかり。
父のことが知りたい、そう思ったアキオは、ある計画を閃く。すっかり忘れていたが、父と遊んだ思い出が一つだけあった。
かつてゲーム「ファイナルファンタジーIII」で一緒に戦ったのだ。
アキオは今自分がプレイしているオンラインゲーム「ファイナルファンタジーXIV」に父を誘い、正体を隠して共に冒険へ出ようと考える。

父をFF14に誘い、正体を隠してゲームの世界で共に冒険し交流して父の想いを知るストーリー。
ゲームを知っていても、知らなくてもどんな人にもおすすめの映画です。

■キャスト
坂口健太郎 吉田鋼太郎
佐久間由衣 山本舞香
前原 滉 今泉佑唯 野々村はなの
和田正人 山田純大 / 佐藤隆太 財前直見

TVドラマ版

【出演者】
千葉雄大/ 大杉漣/ 馬場ふみか/ 袴田吉彦/ 長谷川初範/ 石野真子


 

コメント

スポンサーリンク