検閲・規制された情報が読めるプラットフォームがゲーム「マインクラフト」上に誕生

スポンサーリンク

月間アクティブユーザー数が1億1200万人を超えるゲーム「マインクラフト」を利用する取り組みがスタート

インターネット検閲を回避するためのプラットフォームがマインクラフト上に誕生

2016年のあるデータによると、世界中のインターネットユーザーのうち、何の制限もない「自由なインターネット」にアクセスできるのはわずか24%です。

政府の検閲を回避するために月間アクティブユーザー数が1億1200万人を超えるゲーム「マインクラフト(Minecraft)」を利用するという取り組みがスタートし、話題を呼んでいます。

世界中の「インターネット検閲を行っている政府」により検閲・規制されてしまった情報を、世界中のすべての人が閲覧できるようにするため、マインクラフト上に仮想ライブラリ「The Uncensored Library」を作成しました。

https://gigazine.net/news/20200313-virtual-anti-censorship-library-minecraft/

検閲・規制されている情報を、規制されていない媒体を使って発信する。非常に面白い試みです。

規制している政府側はマインクラフトをプレイできなくするなり、指定のサーバーにアクセスできなくするなりの対策をしてくるのでしょうが、例え規制されても今後も似たようなことができるということになり得ます。イタチごっこが始まるかもしれません。

もうそうなってくるとインディーズを含めたオンラインゲームが規制の対象になり、マインクラフトのような自由度の高すぎるゲーム自体を規制対象にするしかなくなるかもしれません。そのような国はもうIT後進国、ゲーム後進国となるのは必至ですね。

The Uncensored Library – The Film

コメント

スポンサーリンク